えさ・えさ入れ

枝からこぼれ落ちた粟穂、どうしていますか?

初めはいらないと思っていたのに、案外なくなる粟穂

我が家の白文鳥「ぴより」は粟穂が好き。美味しくて食べているのか、突っついて楽しんでいるのかは分かりませんが、その散らかしかたと言ったらもう・・。

春先に買ったばかりと思っていたら、すでに枝からこぼれ落ちたものしか残っておらす、急いで追加を購入しました。

中国産と知ったうえで中国産と知った上で「自然派宣言 赤粟の穂」を買ってみた
合わせて読みたい中国産と知った上で「自然派宣言 赤粟の穂」を買ってみた

続きを見る

普通の粟穂に、赤粟穂。「ぴより」は好き嫌いなく食べてきています。また、今まで購入してきた粟穂はすべて中国産。これまでは全く問題なし。

黄色でも赤色でも、中国産でも「ぴより」は気にせず食べてくれますので、今回は中国産500グラム1490円のお得袋を買ってみました。

ちなみにこの「黒瀬ペットフード 自然派宣言 粟の穂」(赤粟ではありません)は、アマゾンで買うと100g=988円・300g=1300円・500g=1490円(各送料別・2021.6月末現在)で、断然500グラム袋が得なんです。

今日初めて与えてみましたが、表半分がなくなっていますので問題なさそう。今後、何か気になることがありましたら、あらためてご報告いたします。

2021.07.10 追記:「黒瀬ペットフード 自然派宣言 粟の穂」を与えた翌朝の様子。しっかり食べています。

黒瀨自然派宣言粟の穂

どうしても袋に残る、こぼれた穂

さて、ここからが今回の本題。

枝からこぼれた穂をどうしていますか?という話です。

粟穂はかならず枝からこぼれた穂が残る

こんな感じで、枝からこぼれ落ちた穂がけっこうな量、袋に残ります。

これは昨日まで与えていた、黒瀬ペットフードの「自然派宣言 赤粟の穂」ですが、その前に使っていたKONKIの「スティックミレット」も同様でした。タコ糸でぶら下げるには申し訳ないほど、小さくこぼれてます。

お皿に入れて与えてみるけれど、まったく食べない

小さくこぼれたと言っても中身は同じ。訳アリの辛子明太子や梅干しのようなもので、切れてしまっているがお味は一緒ですから、捨てるには惜しいです。

こぼれた粟穂をお皿に入れて与えてみるが

枝からこぼれた粟穂をお皿に入れて与えてみるのですが、残念ながら全く食べません。遊んではいるようです、お皿から放り出していますから。

実は「ぴより」がこの与え方では食べないことは分かってはいます。粟穂をタコ糸とクリップでケージに固定し、くちばしで引っ張れるような状態にしないと「ぴより」は食べません。

「文鳥飼育」餌の与え方と位置とで食べ方が大きく変わる実例-
この記事餌の与え方と場所とで食べ方が大きく変わりました

続きを見る

でも、やっぱりもったいなくって・・・。

みなさんはどうしているのでしょうか?

最近、我が家の白文鳥「ぴより」はキュイーンキュイーンという鳴き声をよく出すようになりました。

この鳴き声はどんなときに発するのでしょうか。

「ぴよりQ」で調べてみたいと思います。

  • この記事を書いた人

kage

サイトの運営者のkageです。この先の人生を楽しむ上でもういくつか趣味を増やしたいと思うようになりました。考えた末、文鳥をヒナから飼うことにしました。

-えさ・えさ入れ
-